小説投稿板@キャスフィ
死ねない勇者は天涯孤独。
8コメント 2022/01/24(月) 01:12
  • 3  猫ら  2022/01/17(月) 07:06:57  [通報
    返信 削除

    この言葉の意味を理解し始めたのが丁度200年前のことだ。
    共に魔王を倒すために命がけで戦った仲間達が寿命によって命を落としていった。


    ゆっくりと一人、また一人と共に世界を救うと誓った盟友達が寿命という避けられない運命に倒れていく。
    俺はそんな朽ちていく仲間たちをただ見届けることしかできなかった

    移り変わる景色、古びていく建造物。
    そんな中に1人。
    容姿も心も何も変わらない自分だけがその過去という時間に閉じ込められていた。


    「あれからもう250年か。」

    盟友達が死んでから200年もの間、俺は人との関わりを一切持たず孤独で生きてきた。
    理由は明白。
    関わりを持ったところでその人達は必ず死ぬ
    人との別れほど辛いものはない
    寿命で尽きた盟友達を見てきて分かった。
    だから俺は人との関わりを持たないことに決めたのだ。
    +1
    -0
記事・画像を引用