小説投稿板@キャスフィ
板リンク
総合雑談板 / 小説準備感想板 / 日記板 / アニメ漫画板 / 何でも相談板 / 音楽板 / 運営板
*本サイトは18歳未満のユーザーが大半を占める掲示板のため、アダルト系を主体とした小説内容の投稿はご遠慮ください
発見次第削除される可能性があります。

モブはモブらしく陰で勇者を支えます。
30コメント 2022/08/22(月) 21:24

  • 1    2022/08/22(月) 20:53:28  [通報
    返信 削除
    1 心地いい2人の時間


    誰もが一度は憧れる職業、≪勇者≫。
    だが、勇者になれるのは≪英雄≫と呼ばれる希少スキルを授かった者だけだ。
    ≪英雄≫のスキルは基本的に貴族の血を引く者にしか開花されない。
    極々稀に貴族以外の者にも授かることはあるがそれは限りなく低い確率だ。
    つまり、俺みたいなただの村人に生まれた者にとっては最も無縁のスキルなのだ。

    「いよいよ明日だね、グレン!」

    俺の隣に座り、無邪気な笑顔を向けてくる少女。
    この子の名前はエリス・フローリー。
    俺の幼馴染であり唯一の友達だ。

    「明日?何かあったっけ?」

    「もう!忘れたの!?明日はスキル授与の日だよ!」

    「ああ、そうだったな。」

    スキル授与の日、それは18になる年に開催されるスキルを授かれる日だ。
    スキルは本来神様からの贈り物と呼ばれていて、
    18の歳になると大人になったと認められてその祝いとして神様が贈り物をくださると言われている。
    授与の方法は俺もあまりよくは知らないが教会へ行き神官様を通して神様から直接授与されるのだそうだ。
    +2
    -0
  • 2    2022/08/22(月) 20:54:28  [通報
    返信 削除

    「何よー。何でそんなに興味なさそうなのよ!」

    頬をプクッと膨らせて不機嫌そうに彼女は言う。
    そんな彼女を見て自然に笑みが溢れてくる。

    「ごめんって。そんな事で怒んなよ。」

    彼女の機嫌を取るように謝った。
    もうみんなも気づいたかな?
    そう、俺はエリスが好きだ。エリスが俺のことをどう思ってるかは分からないが、俺はできればこの小さな村でこの子と2人でずっと平和に過ごしていきたいと思っている。
    だから、俺はスキルに対してあまり興味はない。
    2人で居れればそれでいいからな。

    「僕ね、夢があるんだー。」

    「夢?」

    「そう夢!勇者になりたいの!勇者になって困ってる人みんな皆んな助けるんだー!」
    +0
    -0
  • 3    2022/08/22(月) 20:56:36  [通報
    返信 削除

    夢、その言葉は少し苦手だ。
    俺にも小さい頃には夢があった。
    彼女と同じ勇者になる夢。
    だけど、大きくなるにつれて段々と勇者になる事が不可能な事なのだと理解した。
    さっきも説明した通り、勇者は貴族しかなれない。

    ここ500年の間で貴族以外で勇者になれた人物はただ1人しか居ない。
    その人物ってのは世界で最初の勇者で英雄王と呼ばれ今もなお語り継がれているシオン・リカードと言う人物。
    そんな彼の子孫も今や王族並みの権力を持つ大貴族。
    つまり、結局の所今の時代は貴族以外に勇者になれるものなんていないんだ。
    だから俺は諦めた。俺みたいなモブなんてこの小さな村で畑仕事でもしてればいいんだって思い知ったからね。
    +0
    -0
  • 4    2022/08/22(月) 20:57:02  [通報
    返信 削除

    「貴族以外の人間が勇者になんてなれるわけないだろー。」

    「もうそんなこと言ってー。諦めなければ夢は叶うんだよー!いいもん!絶対勇者になる!」

    「はいはいなれたらいいなー」

    たわいも無い会話。ちっぽけな村の広場のベンチに腰掛けて戯れて話す俺と君。
    こんな心地いい時間がずっと続くものだと。
    そう───思っていた。
    +0
    -0
  • 5    2022/08/22(月) 20:58:23  [通報
    返信 削除
    2 ≪英雄≫に選ばれしもの。

    翌日──スキル授与の日。
    俺とエリスはスキルを授かりに町外れの教会に来ていた。

    「これより、スキル授与の儀式をとり行います。名前を呼ばれた者は前へ出てください」

    司会を始め儀式に取りかかりはじめる神官様。
    ここは小さな村ということもあって儀式を受ける子供達は俺やエリスを含めても人数は数十人程度とそんなにいなかった。

    「次は・・・グレン・ウェルト!」

    「は、はい!」

    儀式が始まってから10分後。ついに俺の番がやってきた。

    「では、始める。」

    そう言うと神官様は両手を自身の目の前に置かれた水晶に両手をかざし詠唱を始めた。
    時間にして1分ほど、ようやく俺のスキルの名が神官様の口から告げられる。

    「グレン・ウェルトのスキルは・・・・≪影≫じゃ。」

    「か、影ですか??」

    そのスキル名を聞いた途端辺りがざわつき始めた。

    「影って何だ?」
    「聞いたこともないね。」


    聞き覚えも聞いたこともないスキル。
    未知のスキルに皆少し期待し始めた。
    +0
    -0
  • 6    2022/08/22(月) 20:59:22  [通報
    返信 削除

    「≪英雄≫みたいな希少スキルなんじゃないか?」
    「そうかもね!≪影≫なんて聞いたことないもんな!」

    次第にざわつきは期待に満ちた声へと変わっていった。
    確かに≪影≫なんてスキルは聞いたこともない。
    未だ発見されていない新たなスキル。そのスキルはもしかすると、≪英雄≫のスキルにも匹敵するのかも。
    そう思うと胸が高鳴り思わず期待してしまう。

    だが──。
    その淡い幻想は神官様の言葉によって一瞬で打ち砕かれることになる。

    「静粛に。では、このスキルについての能力を説明します。このスキルの名は≪影≫能力は身体強化の付与。」

    「は・・・?」
    +0
    -0
  • 7    2022/08/22(月) 20:59:55  [通報
    返信 削除

    ≪影≫の身体強化は自身の体の身体能力を通常の0.5倍上昇させる程度の効果だった。
    ≪身体強化≫のスキルは村人が農業や狩りなどに応用できるために村人の多くに授けられる。
    そしてその≪身体強化≫のスキルの能力は自身の体の身体能力を通常の倍上昇させる。
    つまり、俺のこの≪影≫と言うスキルは村人が使える≪身体強化≫のスキルより劣ることになる。

    「なーんだ。ゴミスキルかよ。」
    「やっぱり俺たちみたいな村人に希少スキルなんか授かれるわけないよなー」


    確かにこいつらの言う通りだな。
    こんなスキルなら≪身体強化≫の方がましだ。
    でもまあ、あまり大差ないし別にいいか。
    これからもどこにでもいる1人の村人、つまりモブとして生きるんだ。
    普通が何より。

    「グレン。残念だったねー。でもでもいいこともきっとあるよ!」

    俺が元いた場所に戻るとエリスが俺を慰めてくれるようにフォローしてくれた。
    ありがたいけど余計虚しくなるな。
    +0
    -0
  • 8    2022/08/22(月) 21:00:58  [通報
    返信 削除

    「まあ、村人ならこんなもんだな。村人は村人らしく農業でもして普通に生きてくよ。」

    正直、スキル名を聞いて少しだけ期待した。
    結果はあれだったけどほんの少しの間だけまた夢を見せてくれたんだから神様には感謝しないとな。

    「次、エリス・フローリー!前へ!」

    俺の授与が終わり神官様は次にエリスの名を呼んだ。

    「ほら、エリス行ってこいよ」

    「う、うん!」

    エリスも多分≪身体強化≫とかかな。
    それならそれで2人で農家とかもありかな。
    あいつと一緒なら何になっても面白そうだ。
    これからのエリスとの事を考えているとエリスのスキルの名が耳元に聞こえてきた。

    「お主のスキル名は・・・え、≪英雄≫じゃ!!!」

    その名を聞いて俺の思考が停止した。
    エリスが≪英雄≫のスキル・・・?
    +0
    -0
  • 9    2022/08/22(月) 21:01:39  [通報
    返信 削除


    「すごい!!勇者だ!」
    「貴族様じゃないのに勇者だなんて英雄王シオン様みたいじゃん!!」

    辺りにいた者達が皆歓喜している。
    歴史上、2人目の貴族以外の勇者の誕生。
    ただでさえ勇者の誕生すら稀なのに、その歴史的瞬間を見ているんだ。騒ぎたくなるのも無理はない。

    「やった!やったよグレン!!僕勇者になれるんだよ!!」

    さっきまで神官様の前に居たはずのエリスは気付けば俺の元まで走ってきていた。
    そして嬉しそうに飛び跳ねるエリス。
    その行動全てが可愛い。

    「よ、よかったな。本当になっちまうとは・・・」

    本当は俺も一緒に飛び跳ねてはしゃいで喜ばなければいけところだろうけど
    この先の事を考えれば素直に喜ぶことが出来なかった。

    「ね!だから僕言ったよね!諦めなければ夢は叶うって!」

    「おめでとうエリス。」
    +0
    -0
  • 10    2022/08/22(月) 21:02:36  [通報
    返信 削除

    俺は無理にでも優しく笑い祝福の言葉を告げた。
    その時の俺は多分ひきつった笑いをしていたと思う。
    彼女は勇者になった。それは、これから先俺とは別の世界で生きていくこと。
    それは、別れを意味していた。
    だけど、彼女に悟られまいと俺は必死に作り笑いをした。


    モブと勇者。
    これからはお互いに違う世界で生きていくことになる。
    それはこの先決して交わることもない世界。
    そう思うと悲しくなり虚しくなる。


    だけど今は───今だけはこの笑顔を眺めていよう。

    ───おめでとうエリス。
    +0
    -0
  • 11    2022/08/22(月) 21:04:02  [通報
    返信 削除
    3 別れの前の最後のひと時。


    スキル授与の日から2週間が経った。
    勇者になった彼女はというと大忙しだ。


    明日、彼女は勇者になるための剣の技術や戦闘を学ぶため王都グリムガルドへ旅立つ。
    その準備で忙しいのか俺はあのスキル授与の日以来彼女とは会えていない。
    これが一生の別れという事ではないだろうが、恐らく何年もの間会えなくなる。
    それは彼女が勇者に選ばれたのだから仕方ない事だ。
    もう俺とは住む世界が違うからな。

    「明日で行っちまうのか。」

    彼女と出会った10年前から俺たちはずっと一緒にいた。
    だけどそれも今日で終わり。
    明日からは1人で過ごしていかなければならない。
    彼女はきっと立派な勇者となってこの世界を救うだろう。
    だから俺はしょぼくれずに彼女を応援してやらないといけない。
    そんな事を1人村の近くの草原に座り考えていたら──。


    「あー!グレンやっと見つけた!!町にどこにも居ないから探したよー!」

    突然後ろから聞こえた聞き慣れた声。

    「じゃじゃーん!見て!仮入団する騎士団の正装の鎧!かっこいいでしょー」

    振り向くとそこには彼女が居た。
    純白の傷一つない鎧に身を包んだ彼女はその鎧を自慢するように俺に向かい胸を張り威張っていた。

    「似合ってねーなあ」

    そんな彼女に向かって俺はそう言う。
    本当はとても似合っている。が、照れ臭くて素直に褒めてやれない。
    でも鎧に身を包む彼女を見て本当にこいつは勇者になったんだなと改めて実感した。
    +0
    -0

コメントを投稿する

記事・画像を引用