海と花束 BBS

「荒らしへの反応禁止」「相手に失礼のない対応」の二点だけは最低限よろしく!
あとはご自由に!
【呪術廻戦】オリキャラ呪術師を作ってみるスレ【二次創作】
65コメント 2022/05/04(水) 14:45

  • 1  蠱毒っちゃん  2021/04/21(水) 12:12:24  [通報
    返信 削除
    呪術廻戦のオリキャラ作るやつってあんまないよね〜
    …と思ったんで作ってみました♨︎

    ↓ちなみにテンプレートがこちらです
    名前
    年齢(所属&学年)
    性別
    等級
    特徴
    術式(能力)
    領域

    …というわけで呪術廻戦が好きなファンの皆さん!(同志ともいう)
    どしどし作って楽しんでいきましょー!!
    五条先生かっこいいです(脳死)
    +46
    -0
  • 65  青蓮  2022/05/04(水) 14:45:18  [通報
    返信 削除
    フレデリック・タイラー
    (Frederick Taylor)
    「経歴」
    1986年に、リベリア共和国シノエ郡に産まれる。
    両親は農家で、タイラーは飢えと向き合う厳しい幼少期を過ごした。リベリアはサミュエル・ドウの独裁政権で政情が非常に不安定だったため、1989年に内戦が発生した。
    翌年にドウが処刑されたため内戦は終結したかに見えたが、部族同士の対立により継続され、タイラーは少年兵として徴兵された。
    術式の適正が有ったタイラーは、呪力戦部隊に配属され、少佐にまで昇進した。
    同じ部族同士で殺し合い、時にはアメリカや国連軍と戦う中で戦友達が死んでいく中、タイラーはたった一人生き残り続けた。
    両親との再会という希望を胸に日々任務をこなしていたが、その希望は呆気なく打ち砕かれた。両親は米軍兵士により射殺されていた。内戦終結二週間前のことだった。
    精神を病んだタイラーは軍を離れ、治療に専念する傍ら港湾労働者になるも長続きしなかった。
    2010年に、貨物船に紛れて日本に密入国し、難波大助に出会う。一部の記憶を燃やしてもらうことで過去に向き合うことが出来るようになり、夏鳥教に入信した。
    以降は、元軍人としての経験を活かして情報収集や交渉役、暗殺に動き、夏鳥教を支えた。
    死滅回遊では難波の夏鳥教総本部を根城にして介入した。

    「特徴」
    身長が2メートルある。
    日本語はカタコトだが、四ヶ国語話せる。
    かなり身軽で、ビルの三階まで手が届く。
    基本無口。
    好きなタバコはキャメル。
    ブルース・リーに憧れて最近詠春拳を始めた。
    等級は二級に相当する。

    「術式」
    【頭骨呪法】
    動物の頭蓋骨を使用する術式。
    動物の頭蓋骨を固めて削った剣で、相手に傷を付けると、傷を付けた部分から裂傷や噛み跡が広がる。裂傷や噛み跡は、使用した動物の特徴が現れ、一部は強力な病原菌も有している。
    少しでも掠れば大きなダメージを与えることができるが、接近しすぎると攻撃を受けるため、自身の機動力と身軽さでカバーしている。
    +9
    -0
  • 64  青蓮  2022/05/03(火) 18:01:54  [通報
    返信 削除
    ✕「消し炭」→○「烏有に帰す」
    +7
    -0
  • 63  青蓮  2022/04/30(土) 14:23:39  [通報
    返信 削除
    難波大助

    「経歴」
    1964年(昭和39年)10月10日に、大阪府吹田市に産まれる。
    母親が拝み屋をしており、自身も術式を有していたため、幼い頃から母親の手伝いをして育った。家が裕福だった上に母親が教育熱心だったため、成績は優秀だった。母親の設立した宗教団体を大きくするため、経営学や哲学、会話術なども叩き込まれた。
    明治大学卒業後に、母親が引退し大助が教団の教祖を襲名した。襲名後に大胆な改革を行い、90年代の終末ブームで大きく勢力を伸ばした。しかし、大助は終末論は外れると予想していたため、新しい教団の設立に奔走する。
    2001年(平成13年)に夏鳥教が設立された。母親は反発したものの、創設翌月に突然死した。
    夏鳥教は過去への回帰を教義とし、中高年を取り込み、またリバイバルブームの影響で若者へも広まった。教団の急成長を危惧した総監部により監視されるも、政財界への根回しや、海外術師の雇用により掻い潜った。
    死滅回遊では、難波の夏鳥教総本部を根城にして介入した。

    「特徴」
    全体的に胡散臭い。
    恰幅が良く、あばた顔。
    喫煙者で、吸っているのはショートホープ。
    懐古主義者で、日本中に昭和レトロランドを造って、信者を獲得している。
    冗談好き。
    生粋の阪神ファン。
    何でもビジネスチャンスと捉える性格で、死滅回遊もその一環としか考えていない。
    等級は一級相当する。

    「術式」
    【消し炭】
    自身が所有しているマッチやライターを、点火した際に発動する術式。
    点火すると相手の身体が燃えだすが、この火は熱が無く、傷を負うことは無い。しかし、相手の記憶を燃やすことができ、数十秒前の記憶から消えていく。
    燃やされると過去への回帰願望が強くなり、幼少期の記憶が鮮明になる。年齢が高ければ高い程燃えやすく、特に数百年生きている呪霊などには効果が絶大。
    記憶が全て燃え尽きると、相手は消し炭になる。
    +4
    -0
  • 62  青蓮  2022/04/25(月) 16:24:09  [通報
    返信 削除
    霍暁鋒
    (霍晓锋)
    「経歴」
    1993年4月23日に、イギリス領香港観塘区に産まれる。
    両親は不動産業を営んでいたため裕福だったが、六歳の時に両親が亡くなった。遺産総額争いに巻き込まれ、親戚中をたらい回しにされた挙句、孤児院へと預けられた。
    孤児院では容姿が原因でイジメられるも、三ヶ月で引き取り手が見つかった。引き取ったのは百三十六第香港風水議会議長を務め、イギリス政府と中国政府と繋がりを持っていた呪術師、馬山童だった。
    馬は当時九十歳目前だったため、自身の後継となる人物を香港中から集めており、霍もその中の一人だった。
    厳しい修行の中で呪術師としての才能を開花させ、馬山童の後継者となった。2004年に馬が死去すると、馬の親戚に当たる小黒に引き取られた。
    小黒は、詠春拳の達人だったため、霍はこれを学んだ。めきめきと上達し道場内で頭角を現すも、通い始めた学校で容姿が原因でイジメられる。暴力沙汰になったため、霍は退学処分となり道場も破門された。しかし、小黒は霍を側仕えとして置き、霍を見捨てなかった。
    この頃から呪術師として活動し始め、2010年には最年少で香港風水議会の議員となる。容姿についても、小黒の励ましや術師としての知名度上昇に伴い自信を持つようになっていく。
    しかし、2014年の雨傘運動で中国政府からの規制と圧力がかり日本へと亡命した。新橋で占い師の仕事をする傍ら呪術師として活躍し、政財界にも影響を及ぼすようになった。これに目を付けた難波大助により、夏鳥教のお抱え術師として勧誘を受ける。日本での後ろ盾が欲しかった霍はこれを承諾し、活動の場を広げた。
    死滅回遊では、アミンと同様の理由で介入し、東京第二結界の中野ブロードウェイを根城にする。

    「特徴」
    何処から見ても女性にしか見えない程の美貌。
    髪が腰ぐらいまであるため、ツインテールにしている。
    身長180cmで、薄化粧。
    華奢だが、大の大人を投げ飛ばせるぐらい力が強く、雑技団顔負けの身体能力を持つ。
    地声は女声。
    詠春拳が使えるが、足技も得意。
    性格は明るく、女好き。
    男嫌いだが容姿を褒められると態度を変える。(ちょろい)
    女装が好きで普段は長袖のチャイナドレスを着ているが、男装すると不機嫌になる。
    どんな女性にも平等に接するため、彼女が七人いる。(内一人はニューハーフ)
    等級は準一級に相当する。

    「術式」
    【天使の囀り】
    五十匹の天使の式神を使役する術式。
    天使の姿は術師以外には見ることが出来ないが、普段は何もしてこずただ周りを飛び回っている。
    相手に対し敵意を向けた瞬間発動し、攻撃は加えてこないが、一斉に囀りだす。囀りは五種類あり、相手の敵意を削ぐもの、相手の感情を煽るもの、相手の体に花を咲かせるもの、自傷行為を促すもの、囀りで頭が一杯になって何も考えられないようにするものが有る。
    囀りは聞いた人によって様々で、鳥や虫の羽音や女性の叫び声、精神病患者の譫言にも聞こえる。
    +11
    -0
  • 61  青蓮  2022/04/21(木) 07:50:28  ID:ZTAyZWFlMT  [通報
    返信 削除
    モハンマド・アミン
    (محمد امین)
    「経歴」
    1936年4月2日(ヒジュラ暦1355年1月10日)に、イランのエスファハーン州に産まれる。
    父親がイスラム教の聖職者だったため、厳格なシーア派ムスリムとして育つ。英才教育により幼少期から秀才と称され、イスラム法学者を志すようになる。
    十七歳の時に父が反政府運動に関与したとして逮捕、投獄され獄中死した。当時は、新ソ連のモサッデク首相がCIA主導のアジャックス作戦で失脚、新米英のモハンマド・レザー・パフラヴィーが皇帝に立てられた。父がモサッデク首相と親しかったため、消されたのだと悟ったアミンは反米英思想に傾倒し、反政府組織に身を置き、政府から監視対象とされた。反政府運動を指導するも、皇帝の白色革命で宗教界からの反発があったものの、経済的に豊かになったため、思うように活動は広まらなかった。60年代から70年代初めにかけて六回逮捕されるも、全て脱獄し、最終的に指名手配される。脱獄を繰り返す内に、自身が術式を持っていることを知ったアミンは、要人の暗殺を実行するようになった。
    1978年1月にシーア派の聖地ゴムで暴動が発生、これに乗じて軍の有力者を次々と暗殺するも、皇帝の打倒には至らずCIAにより阻まれる。しかし、翌年の1月に皇帝が国外退去し、ホメイニ師が帰国したため、帝政は崩壊した。
    イラン革命後は、ホメイニ師に仕えることになり、イランアメリカ大使館人質事件やイラン・イラク戦争等の外交危機の裏側で動き、脆弱なイランを支え続けた。しかし、ホメイニ師の急進的な改革にをアミンは受け入れることができたが、革命前からの同僚達からは反発と離脱が相次ぎ、アミン自身もイスラーム原理主義に対し疑念を抱くようになった。
    1989年にホメイニが亡くなると、後任のアリー・ハーメネイーに仕えることなく辞職し、アジアやアフリカ諸国を転々とした。1999年に、夏鳥教の教祖の難波大助の手で日本に入国、夏鳥教のお抱え呪術師となる。
    2014年には川崎に移り住み、関東での活動を開始した。
    死滅回遊では信徒の保護を理由に介入し、東京第一結界の上野国立西洋美術館に陣取り、信徒と非術師の保護に当たった。

    「特徴」
    頭にターバンを巻いており、髭を胸元まで伸ばしている。
    空中浮遊が出来る。
    日本語が堪能。
    喫煙者で水タバコを吸っている。
    普段は好々爺然としているが、真剣になると呪詛師時代の雰囲気が出る。
    甘い物好き。
    等級は二級に相当する。

    「術式」
    【巨象の足】
    チョークで囲った範囲に象の足を召喚する術式。
    囲った範囲内に入った瞬間発動し、相手の頭上に足が召喚され、押し潰す。足の大きさは囲った範囲に比例して大きくなり、加わる重さや衝撃も大きくなる。ただし、有効なのは地面のみで、壁には発動しない。
    召喚されるのは自身の式神の足で、強力すぎるため完全に調伏することができず、召喚できるのは足と胴体のみ。空中浮遊ができるのも実際は、式神の胴体に乗っているため。
    もし、調伏できていたら一級術師に相当していた。
    +1
    -0
  • 60  雪りんご♡☃☆  2022/04/14(木) 22:59:59  [通報
    返信 削除
    >>54
    おかえりなさい
    +4
    -0
  • 59  青蓮  2022/04/13(水) 21:19:23  [通報
    返信 削除
    以上で西洞院家シリーズは終了します。
    ありがとうございました。
    +3
    -0
  • 58  青蓮  2022/04/13(水) 21:17:44  [通報
    返信 削除
    扇家八代当主 扇正数
           (在2014〜)
    「経歴」
    1989年(平成元年)3月9日に、鳥取県倉吉市に産まれる。
    一般家庭で育つも、幼少期から落ち着きが無く、周囲に馴染むことができなかった。しかし、六歳でチェスに興味を持ってから、これに没頭していくことになる。
    半年程で両親が相手では物足りなくなり、小学校に入学してからはチェスの研究のために、英語とロシア語を独力でマスターした。
    次々と大会に出場しては最年少記録を打ち立て、2003年(平成15年)十四歳で当時史上最年少でキャンディデイトマスターになった。翌年にはFIDEマスターになり、チェスブームを巻き起こすも、学校生活では周囲から孤立し、成績は奮わなかった。授業中に頭の中でチェスをし、自身の才能を利用しようと近づく大人達が後をたたなかった。
    こうした状況の中、両親が教育方針を巡って離婚、母親と共に実家の扇家に引き取られることになった。
    山形の扇家は、江戸時代から多くの術師と棋士を輩出しており、術式の性質上将棋や囲碁の技能が求められる。正数は両方に適正が有ったものの、扇家ではチェスの地位が低かったため、正数は次第に疎まれるようになった。
    次第にチェスへの情熱も冷め、大学へも行かず引き籠もるようになった。2008年(平成20年)に、母が亡くなると、全財産を二つのスーツケースに詰め、扇家から姿を消した。
    母の死が親族からのイジメであると考えた正数は、復讐を決意し、扇家の当主になることに邁進していく。
    再びチェス界に復帰した正数は、国内戦を制し、国際戦へと舞台を移した。ロシアやインド、中国、アメリカといった強豪国の選手達と対等に渡り合い、2012年(平成24年)に日本人初のインターナショナルマスターになった。また、呪術師としても活動し始め、東日本大震災で大活躍した。
    扇家の後継者不足により当主候補として呼び戻され、御嶽山噴火の際に特級呪霊を単独で祓ったため、当主に指名され、就任した。
    既にグランドマスターへ王手をかけていたものの断念し、呪術師に専念した。
    当主就任の翌年に、摂家に選ばれ、熊本地震の対応でも、中心的な役割を果たした。正数自身がチェス以外に興味が無く、権力闘争から遠かったのもあり、敦から信頼を寄せられるようになった。
    術式を考慮して、死滅回遊では皇室の警護に当たった。

    「特徴」
    七三分けで、ヨレヨレのスーツを着ている。
    チェスセットを携帯している。
    棋風は超攻撃的。
    レーティングは、最高2450。
    尊敬しているチェスプレーヤーは、モーフィー、ラスカー、カパブランカ、タリ、フィッシャー、カスパロフ、サミュエル・レシェフスキー。
    神経質で自信家。(ウザい)
    国際戦で活躍していた時のあだ名は、チェス界の天皇。
    「もし、僕が宿儺と対決する際に僕が先手なら、必ず引き分けにすることができる。」

    「術式」
    【クイーンズ・ギャンビット】
    扇家相伝の術式【玲瓏】の亜種。
    自身から四キロメートル以上離れた地点に、六十四平方メートルの、外部から侵入不可能な結界を展開させる術式。結界内はチェス盤のマス目のようになっており、一平方メートルずつに区切られている。チェスの駒を模した式神が現れ、駒の動き通りに攻撃をしかけてくる。結界内に取り込まれた者も自由には動けず、周囲一マスずつしか動けない。しかし、自身もチェス駒の式神で反撃できるようになっている。
    術師は、遠隔で対局し、勝敗がつくか、引き分けになるかでしか結界を解くことができない。術師自身の実力にも左右されるが、多面指しや変則ルール、時計の特殊モードでの対局も可能。先手・後手は完全に運で決まる。
    正数の場合は、一度に百人まで対局ができる。
    +2
    -0
  • 57  青蓮  2022/04/06(水) 23:21:52  [通報
    返信 削除
    涙家十二代当主 涙涙
            (在2012〜)
    「経歴」
    1984年(昭和59年)8月8日に、徳島県阿南市に産まれる。
    涙家は、江戸時代から讃岐忌部氏と土佐物部氏と対立しており、男児が早死にしやすかったため、涙は暫くの間男として育てられた。
    四国の閉鎖的な環境と自身の性別の矛盾により、周囲から孤立し精神疾患を患うようになった。入退院を繰り返す内に自身と似た境遇の人々と関わるに連れ症状が回復し、周囲の支えで大東亜大学に進学した。
    在学中から呪術師として活躍し始め、2000年代から頻繁に発生し始めた自然災害の対処に貢献し、頭角を表し始め、鴻巣家が総監部との対立を再開しても、国土交通省からの信用を勝ち取り、鴻巣家と政府との繋がりを保った。
    2011年(平成23年)の東日本大震災では、公房、敦に次ぐ活躍を見せ、翌年に当主に就任した。
    当主就任直後から、一族の改革に着手し、体制の一新と若手の活躍の促進で支持を集めた。この頃から同じ革新派の敦と関わり始めたことで、2015年(平成27年)に革新派の筆頭として摂家に選ばれた。
    翌年の熊本地震では、災害時の経験を活かして対応に当たり、摂家同士の結束力を高めた。
    2018年(平成30年)に宿儺が復活した際には、保守派や敦の反対を押し切り、五条悟を支援するも、渋谷事変発生により糾弾され、死滅回遊では、奈良で皇室の警護に当たることになった。

    「特徴」
    男装をしており、高身長で、ショートヘア。
    当主就任後からは男性として生きている。
    一人称は「私」、稀に「俺」。
    帯刀している。
    古屋兎丸のファン。
    等級は一級(敦や信綱と同格。)

    「術式」
    【鼕々】
    読みは「とうとう」
    水を自由自在に変化させられる術式。
    圧縮して高速で打ち出す外、相手に取り込まれた水で内側から破壊する、生物の形にして使役する、分厚い壁を創り出して結界にするなど汎用性が高い。
    その反面術師に対する負担が大きく、使用し続けると内蔵に深刻なダメージを負う。
    +5
    -0
  • 56  青蓮  2022/03/28(月) 13:50:01  [通報
    返信 削除
    笛小路家二十代当主 笛小路和彦
              (在2000〜)
    「経歴」
    1976年(昭和51年)5月31日に、岐阜県高山市に産まれる。
    笛小路家は代々、鴻巣家とは親しい間柄だったため、幼少期の和彦は敦と仲が良かった。
    笛小路家の修行は非常に厳しかったが、天才的な才能で二十歳で当主に就任した。
    大阪大学卒業後は、文教族のドンと呼ばれた森喜朗を総理にするよう公房に働きかけたことで、公房に次ぐ有力者として見られるようになった。以降和彦は保守派に転向し、総監部との対立の急先鋒に立った。
    2010年(平成22年)頃から、信綱と対立するも、公房の行動を問題視していた和彦は、信綱の解任クーデターを画策するも、震災で計画は破綻した。
    敦が当主に就任してからは、信綱の摂家体制を支持し保守派の網干家と笛小路家で独占しようとするも、革新派の涙家と扇家を含んだ四家体制となった。
    和彦は鴻巣家の総監部加入に信綱を仲介役に推す一方、禪院家と繋がりを持ち、交渉失敗の責任を敦と信綱に被せて、鴻巣家の保守化と乗っ取りを画策。これは一応成功するも、宿儺の復活と渋谷事変で有耶無耶となった。
    事変後は、民間人の避難と保護を優先した。
    死滅回遊では、総監部の乗っ取りを防ごうとするも頼みの禪院家が壊滅し、信綱が和彦の計画に勘付いたため、第三首都移転先の福岡に飛ばされた。

    「特徴」
    小柄で丸眼鏡を掛けている。
    鴻巣家内の総会では、常に末席に座っていた。
    虫歯になったことが無い。
    公房同様、時代錯誤な服装。
    声が甲高い。
    等級は一級(敦や信綱と同格。)

    「術式」
    【風笛】
    笛を吹くと風が吹く術式。
    笛を吹いている間、風は鞭のように扱え、当たると骨が焼けるような痛みが広がり、肉が裂ける。また、時間差で発動する物もある。
    特別な呼吸法と運指によって発動するため、術式は門外不出。
    +0
    -0
  • 55  青蓮  2022/03/27(日) 16:58:07  [通報
    返信 削除
    網干家二十六第当主 網干信綱
              (在2002〜)
    「経歴」
    1968年(昭和43年)10月1日に、新潟県上越市に産まれる。
    網干家は、鎌倉時代から続く分家で、鴻巣家によって排除されなかった唯一の分家であったため発言権はかなり大きく、長年警察行政に携わっていたため、鴻巣家の影響力が及んでいなかった。
    信綱は、父信之の期待を一身に受けて育ち、十代の半ばから活躍し始め、慶應義塾大学入学後からは政治にも関わり始める。
    しかし、経世会立ち上げによる田中角栄の失脚やバブル崩壊といった逆風が吹き始め、2000年(平成12年)に雪見酒事件と新潟少女監禁事件の発覚により、新潟県警の不祥事が取り沙汰されたことで、県警に影響力を持っていた信之は批判され、翌年の中央省庁再編で警視庁異常犯罪捜査課の顧問就任の話も流れた。
    2002年(平成14年)2月25日、父信之の急死に伴い信綱が網干家二十六第当主に就任。
    就任後信綱は、長年関わり続けた警察から距離を置き、呪術総監部に接近。一族内の不敗を一掃し、新潟中越地震に迅速に対応することができたが、2006年(平成18年)に公房が総監部との対決姿勢を見せたため、この努力は水泡に帰した。
    信綱は、公房を解任する工作を始め、民主党の政権交代を支援するもあまり効果は無く、東日本大震災の対応では敦に活躍の場を持っていかれる等で、公房の解任には至らなかった。
    2013年(平成25年)に敦が当主に就任してからは、摂家体制を持ちかけ、2015年(平成27年)に承認された。摂家となったことで、今まで以上に発言権が大きくなり、総監部との対立も解消されようとしていた。しかし、網干家単独での総監部加入は認められたものの、鴻巣家全体の加入に反対されたため、交渉は決裂した。
    2018年(平成30年)からは、総監部と高専に圧力を掛けるも、宿儺の処刑に失敗。渋谷事変後は、閣僚の約半数の保護に成功し、大阪への首都移転を成功させた。

    「特徴」
    胡麻塩頭でガタイがいい。
    視力は両目共2.0。
    術式に関しては保守的。
    巨人ファン。
    時々鈍る。
    好きな芸人は、ハリウッドザコシショウ。

    「術式」
    【菊理術】
    読みは、くくり。
    呪力を込めて縄や紐、糸を縒り合わせることで武器にする術式。
    相手に対してぶつけるだけでも効果が有るが、相手を縛り上げることで封印、縄を張ることで結界の効果も有る。
    世界中に見られる術式で、死者が蘇らないように死体を縛って埋葬していたのが起源。
    +0
    -0
  • 54  青蓮  2022/03/24(木) 23:47:45  [通報
    返信 削除
    そろそろ復帰します。
    +0
    -0
  • 53  雪りんご♡☃☆  2022/02/26(土) 00:16:13  [通報
    返信 削除
    >>51
    五百子好きです!
    綾もよろしくね♫
    +7
    -0
  • 52  蠱毒っちゃん  2022/02/24(木) 23:26:24  [通報
    返信 削除
    >>51
    こちらこそありがとうございましたandお疲れ様ですぜ!!
    +2
    -0
  • 51  青蓮  2022/02/24(木) 23:17:52  [通報
    返信 削除
    >>50
    ありがとうございます。
    いやぁ〜、五百子を書き上げた途端不注意で二回も消してしまってどうなるかと思いましたが、無事完結することができました。
    それにしても、反省点が多すぎる。
    世界史選択者だから日本史の知識が無さすぎて南北朝〜幕末まで結構危ういし、術式や領域をちゃんと理解していないまま始めてしまったしで、よく完結できたなと思いました。
    あと、摂家の当主四人や、鴻巣家以外にも六人考えているので、しばらく休んでからまたやりたいと思います。
    感想・質問等がありましたらご自由に。
    最後になりますが、約一ヶ月間お付き合いいただきありがとうございました。
    +5
    -0
  • 50  蠱毒っちゃん  2022/02/24(木) 21:37:03  [通報
    返信 削除
    >>49
    いやぁ、、、お疲れ様でしたぜ、、、
    ここまで設定モリモリにするとは思わなんだ
    マジありがとう。ものすごくいいものを見してもらいました!
    +2
    -0
  • 49  青蓮  2022/02/24(木) 20:55:13  [通報
    返信 削除
    鴻巣家二十代当主 鴻巣敦
             (在2013〜)
    「経歴」
    1973年(昭和48年)5月7日に、東京都新宿区に産まれる。
    祖父の実道の影響で幼少期から文学に親しむも、中学生の時に80年代不良ブームの煽りを受けてグレるも高校受験を期に真人間に戻り、猛勉強の末一橋大学に入学。
    この頃に実道が天命を迎え、敦は呪術師を志すようになる。
    卒業後に呪術師として活動し始めるも、当主である公房は、為継の家系の力を削ぐため、敦を冷遇した。長らく活躍の機会が無かったが、東日本大震災の際に公房に次ぐ活躍をしていたことから、後継者に指名される。
    2013年(平成25年)10月7日に、戦後生まれとしては初となる当主に就任する。
    就任早々、原発再稼働や御嶽山噴火で出動するも、鴻巣家本家が弱体化しており、分家に頼らざるをえなかった。鴻巣家本家だけの支配ではまずいと考えた敦は、2015年(平成27年)に、有力な分家である網干家、笛小路家、涙家、扇家を摂家として協力体制を築いた。
    2016年(平成28年)の熊本地震の際に、対応が速かったことから、改革は成功したと見られた。しかし、呪術総監部との対立が解消出来ず、実道と天海僧正の結界も破らた。翌年から呪術総監部の傘下に入るために交渉するも、歴史的経緯と摂家からの反対により交渉は決裂した。
    2018年(平成30年)に、宿儺が復活してからは、鴻巣家・総監部・各省庁との連携を模索するも、御三家が反発し総監部に一任することになった。しかし、渋谷事変により鴻巣家は総監部の追い落としを始める。東京に呪霊が放たれてからは、民間人の避難と閣僚の保護、皇居の警護を優先した。犠牲を出しながらも、皇室を奈良へ移し閣僚の半数以上を保護することに成功したが、民間人が五千人犠牲になった。
    閣僚を保護したことから、政府の信頼を勝ち得、各省庁と連携し総監部の乗っ取りを画策し始めたが、死滅回遊を期に歴代当主が仮死状態から目覚めたとの報が入り、富士の洞穴へ赴いた。
    歴代当主に状況を説明し、事態に対応するため各結界に当主を派遣することになった。
    東京第一に清隆が、第二に季長が、大阪に兼好が、京都に是近が、名古屋に康家が、鹿児島に富子が、広島に薫子が、仙台に泰朝が、岩手に有之が、青森に五百子が派遣されることに決定し、為継と実道は総監部との交渉に、公房は北海道呪術連との交渉役となり、敦と摂家の当主達は閣僚と皇室の警護に当たることになった。

    「特徴」
    金髪ロン毛にスーツ姿。
    不眠症でいつも欠伸している。
    近視。
    一風堂、SHAZNA、Kagrra,の大ファン。
    強面だけどビビリ。
    推理小説好きで、自分で書いて新人賞に応募するも二次選考で落とされる。
    好きな芸人は、いとしこいし、中川家、ウッチャンナンチャン、ナイツ、タモリ。
    阪神ファン。
    等級は一級。(日下部篤也と同格。)

    「術式」
    【投打呪法】
    自身が投げた物に呪力を付与し、当たった部位を強制的に破壊する術式。
    投げて当たらなかったとしても、効果は持続するが、相手が受け止めた場合は効果が消える。また、自身が弾いた物も投げた判定になる。
    敦の場合は、鎖分銅や独鈷杵を好んで使う。
    +7
    -0
  • 48  雪りんご  2022/02/23(水) 23:18:55  [通報
    返信 削除
    >>47
    術式【ノアの方舟】
    天変地異を巻き起こし悪しき魂を破滅に導く
    具体的には
    聖なる水により嵐を巻き起こし地球全土の呪霊を封印する
    日本列島に巨大な雷を落とし敵を焼き尽くすなど
    +5
    -0
  • 47  雪りんご  2022/02/23(水) 23:16:39  [通報
    返信 削除
    >>46
    +3
    -0
  • 46  雪りんご  2022/02/23(水) 23:10:59  [通報
    返信 削除
    >>45
    【定義】 ステーキ 他者のために己の生命を生贄にすることは救世主のみが為し得る権能であり、人々の生きる糧となるべく生命を犠牲にしている獣たちは正しく女神も同然の神聖な存在である。それ故に嘗ての日本ではヒトの糧となる獣を敬愛し讃えてきた 獣こそ正しく生きとし生ける者を慈しみ守護せんとする天地神明=八百万の女神だからだ。 ステーキとはヒトのために命を捧げた獣への信仰の象徴。命をくださった獣様にご無礼のないよう焼き加減や味付け肉汁などに細心の注意を配りほっぺたの落ちる料理になるよう心がける。 「世界がわたくしを呪詛師と定義してもわたくしは呪術師ですわ」 名前綾 年齢16歳 所属京都校 特徴 世界が邪悪を極め、残酷で傍若無人になろうとも人々の笑顔を望む柔和な笑みを浮かべた美少女。名字こそ不明だけど実家はステーキ屋さんだよ!。高度な術式こそ使えるものの、慈悲深く婉娩聴従な性格から呪霊を祓うことよりも呪霊から人々を守ることを最優先する 【正体】 彼女は愛していた。 人々が互いを愛し合う何気ない風景を 疎外される者も虐げられる者もいない平穏な世界を 彼女の正体はただの呪術師は疎か純粋なヒトですらない。 1.人々がステーキを笑顔でほうばりお腹の空いた誰かがいればステーキを無償で食べさせる 2.人々が常に誰かを思いやる という世界の理念から逸脱し誰かを傷つけ続ける存在を呪霊・ヒト問わず心から拒み破壊するために生きる\"生まれながらの呪詛師\"。 現代からそう遠くはない過去 16という幼い齢ながらプロのコックさん顔負けの料理技術を持ち真心のこもったステーキを焼き続ける美しい少女がいた。彼女はとある神社の巫女である。女神に仕える巫女にとってステーキで人々のお腹を満たすことも大切な仕事であり生きがいである 然し、巷では呪霊や極悪人が跋扈し 捕食による不穏な死や弱い者いじめが横行。善良な人々が満足にステーキを食べることさえもできない。 巫女は毎日祈ったが、不正や虐待に傷つく者たちは増える一方であった。 ある日、ステーキ屋さんであり巫女でありながら人々のために女神に祈っても奇跡を起こせない己に等々絶望。 彼女は虐められたり傷つけられた人達のために嘆き悲しみ生涯で最も慟哭し世界を憎んだ。
    綾とはその憎しみが虐げられた人たちの復讐の代行者となるべく怨念たちの持つ【悪への激情】に膨大な魔力を与えられたことで巫女が転生した姿
    早い話が第1急呪霊とヒトのハーフである
    +3
    -0
  • 45  雪りんご  2022/02/23(水) 23:08:17  [通報
    返信 削除
    【定義】
    ステーキ
    他者のために己の生命を生贄にすることは救世主のみが為し得る権能であり、人々の生きる糧となるべく生命を犠牲にしている獣たちは正しく女神も同然の神聖な存在である。それ故に嘗ての日本ではヒトの糧となる獣を敬愛し讃えてきた
    獣こそ正しく生きとし生ける者を慈しみ守護せんとする天地神明=八百万の女神だからだ。
    ステーキとはヒトのために命を捧げた獣への信仰の象徴。命をくださった獣様にご無礼のないよう焼き加減や味付け肉汁などに細心の注意を配りほっぺたの落ちる料理になるよう心がける。
    「世界がわたくしを呪詛師と定義してもわたくしは呪術師ですわ」
    名前綾
    年齢16歳
    所属京都校
    特徴
    世界が邪悪を極め、残酷で傍若無人になろうとも人々の笑顔を望む柔和な笑みを浮かべた美少女。名字こそ不明だけど実家はステーキ屋さんだよ!。高度な術式こそ使えるものの、慈悲深く婉娩聴従な性格から呪霊を祓うことよりも呪霊から人々を守ることを最優先する
    【正体】
    彼女は愛していた。
    人々が互いを愛し合う何気ない風景を
    疎外される者も虐げられる者もいない平穏な世界を
    彼女の正体はただの呪術師は疎か純粋なヒトですらない。
    1.人々がステーキを笑顔でほうばりお腹の空いた誰かがいればステーキを無償で食べさせる
    2.人々が常に誰かを思いやる
    という世界の理念から逸脱し誰かを傷つけ続ける存在を呪霊・ヒト問わず心から拒み破壊するために生きる"生まれながらの呪詛師"。
    現代からそう遠くはない過去
    16という幼い齢ながらプロのコックさん顔負けの料理技術を持ち真心のこもったステーキを焼き続ける美しい少女がいた。彼女はとある神社の巫女である。女神に仕える巫女にとってステーキで人々のお腹を満たすことも大切な仕事であり生きがいである
    然し、巷では呪霊や極悪人が跋扈し
    捕食による不穏な死や弱い者いじめが横行。善良な人々が満足にステーキを食べることさえもできない。
    巫女は毎日祈ったが、不正や虐待に傷つく者たちは増える一方であった。
    ある日、ステーキ屋さんであり巫女でありながら人々のために女神に祈っても奇跡を起こせない己に等々絶望。
    彼女は虐められたり傷つけられた人達のために嘆き悲しみ生涯で最も慟哭し世界を憎んだ。その憎しみが虐げられた人たちの復讐の代行者となるべく怨念たちの持つ【悪への激情】に膨大な魔力を与えられたことで巫女が転生した呪霊とヒトのハーフである。
    +6
    -0
  • 44  雪りんご♡☃☆  2022/02/23(水) 22:14:07  [通報
    返信 削除
    >>41
    完結が楽しみです!
    面白いですね(*^^*)
    +1
    -0
  • 43  青蓮  2022/02/22(火) 22:03:19  [通報
    返信 削除
    書き忘れましたが実道の誕生日は1月26日です。
    あと公房の等級は、一級(為継と実道と同格。)です。
    +6
    -0
  • 42  青蓮  2022/02/22(火) 18:20:06  [通報
    返信 削除
    鴻巣家十九代当主 鴻巣公房
             (在1992〜2013年)
    「経歴」
    1941年(昭和16年)1月6日に、東京府目黒区に産まれる。
    幼少期から厳格に育てられ、五百子の玄孫として期待されていた。(為継と実道は、五百子の弟の孫。)
    早稲田大学卒業後は、公害の対応のため全国を飛び回り、自宅が近かったため実道と角栄との連絡を担っていた。
    1992年(平成4年)1月1日に、満を持して当主に就任するも、周りの環境は厳しかった。バブル崩壊で不景気が押し寄せ、終末ブームが最盛期を迎え、少年犯罪・凶悪犯罪が連続して起き、頼みの綱の自民党は分裂状態にあった。
    佐川急便事件で自民党副総裁の金丸信が失脚したのを期に、公房も自民党に見切りをつけ、離党した小沢一郎と羽田孜を支援し新生党旋風と細川連立政権の樹立に動いた。
    しかし、細川内閣は八ヶ月で退陣。続く羽田内閣も社会党の離脱により二ヶ月で退陣した。
    細川内閣の瓦解と同時に連立政権の分断工作を始め、社会党と自民党、新党さきがけの連立政権を樹立して、村山富市を総理にして自民党との関係改善を図るも、与野党からの信頼は失墜した。
    1995年(平成7年)には、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、戦後初の銀行破綻となる神戸銀行の破綻やコスモ信用組合・木津信用組合が破綻。これにより、バブル崩壊から立ち直りかけていた経済に大打撃を与え、呪霊・呪詛師が倍増。1996年(平成8年)に橋本内閣に以降するも住専問題と消費税増税でさらに悪化、1997年(平成9年)4月に戦後初の生命保険会社の倒産となる日産生命保険が倒産、7月にアジア通貨危機が直撃、9月には上場スーパーとしては初の倒産なるヤオハンが倒産。11月3日に準大手の三洋証券が倒産しコール市場がストップ、17日に北海道経済の柱である北海道拓殖銀行が倒産、24日に四大証券会社の一角である山一證券が自主廃業し、26日には宮城の徳陽シティ銀行が倒産し、金融危機が発生した。
    1998年(平成10年)の小渕内閣では、戦後日本経済を支え続けた日本長期信用銀行と日本債券信用銀行が破綻、1999年(平成11年)には「ノストラダムスの大予言」や「MMR」などの終末ブームが絶頂期を迎え、2000年問題が話題になり未来への漠然とした不安が世界中を覆った。
    95年〜99年にかけて不景気と終末ブームで各地に宗教団体が乱立し、呪霊と呪詛師が鼠算式に増え、対応しきれなくなっていた。しかし、2000年(平成12年)になると終末ブームが収束し、経済が上向きになったことで呪霊の発生が落ち着きを見せるも、呪詛師達は宗教団体を隠れ蓑にして活動していたので迂闊には手が出せなかった。こうした状況から、2001年(平成13年)森内閣の中央省庁再編で、外務省、防衛庁、国土交通省、経済産業省、総務省、文部科学省、環境省、警視庁に対策機関が極秘裏に設置され、呪術総監部の発言権が大きくなった。
    9.11テロやイラク戦争、北九州監禁殺人事件、附属池田小事件、そごうやセゾングループ、マイカル、ダイエーの倒産による流通再編、ITバブルの崩壊、新潟中越地震などが起こり呪霊が大量発生するかと思われたが予想は大きく外れた。原因は、戦後四番目の長期政権となり郵政民営化で注目を集めた小泉内閣の登場と、2002年(平成14年)〜2009年(平成21年)まで続いたいざなぎ景気、五条悟が活動を開始したことが上げられる。呪術総監部の権威は上昇し、鴻巣家は政府中枢から追い出され神社本庁との結び付きを強めた。この頃になると鴻巣家の中にも官僚主義が蔓延り、十六あった分家も断然により十家に減った。しかし、2006年(平成18年)に星奬体の護衛に失敗したことで公房は呪術総監部を糾弾し、再び対立することになった。9月に小泉内閣が退陣して以降、第一次安倍内閣、福田康夫内閣、麻生内閣が短命に終わり、2008年(平成20年)にリーマンショック、2009年(平成21年)に民主党への政権交代が起こった。(これに公房は関与していない。)FLASH黄金時代や2chなどのネット掲示板の躍進、YOUTUBE、ニコニコ動画の台頭により2000年代後半から呪霊の発生率が跳ね上がった。
    政権交代した民主党は、自民党などの与党に所属していた経験が無い議員が殆どだったため、呪術総監部・鴻巣家双方は民主党政権下では重用されなかった。2011年(平成23年)の東日本大震災の際には各省庁の対策機関が機能しなかったため、公房は出動要請を待たず発生三日後に現地入りした。翌年の夏まで東北地方を中心に対応に当たり、3月、9月、翌年3月に宮城県沖に発生した特級呪霊を祓うも、体調を崩し三ヶ月入院した。
    退院後政権交代が起きるも、被災地を中心に活動を続け、2013年(平成25年)日本中がオリンピック招致に湧く中天命を迎えた。

    「特徴」
    水干に烏帽子と時代錯誤な服装。
    鴻巣家の保守派筆頭。
    三白眼。
    超が付く甘党。
    好きなアーティストは、戸川純、ゴダイゴ、yellow magic orchestra、電気グルーヴ、P-MODEL、サカナクション。
    AKIRAの大ファン。
    小松左京を愛読していた。
    西武ファン。

    「術式」
    【鳴弦呪法】
    弓の弦を強く引き鳴らすことで発動する。
    発動後は自身の周囲5メートルに呪力を持った物を遠ざける結界が出現し、弦を鳴らし続けると範囲が拡大し、最大で10メートルになる。
    矢に呪力を乗せて放つこともでき、引いた際の音も上乗せされる。
    +3
    -0
  • 41  青蓮  2022/02/22(火) 09:39:13  [通報
    返信 削除
    >>40
    ありがとうございます。
    あと二人で一旦完結するので最後までお楽しみください。
    +1
    -0
  • 40  雪りんご♡☃☆  2022/02/22(火) 00:58:01  [通報
    返信 削除
    >>36
    うちあなたのキャラ好きです
    +1
    -0
  • 39  青蓮  2022/02/19(土) 21:18:06  [通報
    返信 削除
    鴻巣家十八代当主 鴻巣実道
             (在1946〜1991年)
    「経歴」
    1905年(明治38年)に、和歌山県西牟婁郡田辺町に産まれる。為継とは腹違いの弟。
    幼少期からガキ大将として田辺で恐れられる一方、読書家で中学校に入ってからは哲学に傾倒、東京帝国大学を目指すも不合格。一浪して京都帝国大学に入学。
    卒業後は兄である為継の補佐になるも、次第に戦争に協力していく兄に嫌気がさし鴻巣家から離脱。離脱後は、日本や満洲を放浪し流れの呪術師として活躍する。
    兄が倒れてからは、当主臨時代理として呼び戻され、宮城事件の妨害や、東久邇宮内閣の組閣に協力した。1946年(昭和21年)1月1日、人間宣言と共に当主に就任。しかし、GHQの占領政策により実道は公職追放に遭い、呪術総連は解体された。
    十九世紀末から呪術師が減少し、残った術師も公職追放に遭っていたため、若手だけでは戦後の混乱期に対応できず、最悪アメリカに日本の呪術界が乗っ取られる可能性も有った。それに加え、鴻巣家は戦時中に軍部に協力し、アメリカ大統領を暗殺していたため、戦犯として裁かれる予定だった。しかし、将門の祟りと、明治への改元以降続いていた天海僧正の江戸結界の歪みが頂点に達した。GHQはこれらの問題や天元様の処遇、増加した呪詛師の対応に手一杯だった。
    実道はこの二つの問題を解決し、日本呪術界の再建をGHQに訴え出た。この訴えは受け入れられ、呪術師の公職追放が解除され鴻巣家の戦犯指定も解除された。しかし、鴻巣家は呪術界のトップを降りると共に政府と呪術総監部からの要請でしか活動できなくなり、呪殺が禁止された。
    1949年(昭和24年)に総理府の外局として呪術総監部が設立、鴻巣家は総監部に属さず宮内庁に仕えることになり、翌年に北海道開発庁にアイヌ呪術総連が設立された。10月に中華人民共和国が建国、翌年には朝鮮戦争が勃発したことでGHQは占領政策を転換し、日本の独立に舵を切った。
    実道は戦前親交のあった吉田茂を後押しし、再軍備を望む分家を一斉処分し、五十近く有った分家は十六にまで減った。児玉誉士夫と服部卓四郎がクーデターを計画していることを察知すると辻政信を向わせ説得させた。
    鴻巣家は、国鉄三大ミステリー事件、血のメーデー事件、桜木町事故、金閣寺焼失などで出動要請が下された。特需景気で呪霊の発生は減少するも、スターリン暴落と第五福竜丸事件で再び増加した。特に核攻撃に対する恐怖により広島と長崎では呪霊が大量発生し、キューバ危機でピークに達した。
    実道は吉田茂のワンマン政治を危惧し、重光葵と大野伴睦を通して鳩山一郎に接触。鳩山一郎内閣と自由民主党の結党に協力し、石橋湛山が脳梗塞で退陣し、続く岸内閣では伊勢湾台風と安保闘争により出動。
    池田内閣では、所得倍増計画に協力し高度経済成長期に入り、バブル崩壊まで呪霊が減少、大きな事件が起こる度に増加するようになった。その反面、呪詛師は年々増加していった。佐藤内閣では、四大公害に対応する一方、全共闘や中核派の一部が呪詛師を雇い反撃を開始した。これに対抗して、三島由紀夫率いる楯の会を援助するも、三島が割腹自殺したため失敗に終わった。東京オリンピックや大阪万博の成功に湧く一方、三億円事件やよど号ハイジャック事件、証券不況、あさま山荘事件、カネミ油症、大洋デパート火災などの重大事件が立て続けに起こったため、鴻巣家は1968年(昭和43年)〜1980年(昭和55年)まで呪術総監部の傘下に入る。
    佐藤栄作の後任には福田赳夫が就任する予定だったが、実道が田中角栄を推したため、田中が総理になった。田中の下でも実道は国内の安定化と発展に務め、列島改造にも協力するもオイルショックと狂乱物価により失敗。田中は金脈問題で失脚し、ロッキード事件で逮捕される。
    ロッキード事件に一枚噛んでいた実道は、三木内閣で追及されることを恐れ福田赳夫を担ぎ出し、三木おろしを発動させ追及を躱した。福田内閣が緊縮財政に切り替えたことで安定成長期に入り、省エネを推進したことで第二次オイルショックの影響をほとんど受けなかった。実道は、角福戦争や大福密約を静観し、田中の盟友大平正芳総理が総選挙中に急死したため、田中と共に闇将軍として鈴木内閣と中曽根内閣を組閣。プラザ合意によりバブル景気が訪れたが、70年代に「ノストラダムスの大予言」や「日本沈没」が出版され、終末ブームが到来、新興宗教が台頭した影響で、呪詛師と呪霊が急増し、失踪や未解決事件が相次いだ。
    闇将軍として共に活躍した田中はロッキード事件の裁判が長引き、総理への復帰は絶望的となっていた。実道は田中派でクーデターをお越して経世会を立ち上げた竹下登を支援し、総理に押し上げた。しかし、竹下はリクルート事件で失脚し平成へ改元した。
    平成になると宇野宗佑と海部俊樹を擁立するも、どちらも短命に終わり宮澤喜一を擁立するも、バブル崩壊と政治改革により自民党は分裂状態にあった。
    雲仙普賢岳の噴火に出動したのを最後に、激動の戦後時代に当主を務め上げ、日本を影から支え続けた実道は1991年(平成3年)12月25日、日本を脅かし続けたソビエト連邦の崩壊とともに天命を迎えた。

    「特徴」
    容姿が仁王像そっくり。
    スポーツ万能で特にテニスが得意だった。
    かなり豪快な性格で、呪霊を祓う際には土地ごと祓っていた。
    兄同様交友関係が広く政治家以外にも、三島由紀夫、石原慎太郎、市川房枝、松下幸之助、本田宗一郎、江副浩正、中内功、堤清二、河本敏夫と親交が有った。
    好きな歌手は、美空ひばり、森進一、寺尾聰、吉幾三、テレサ・テン。
    安部公房、司馬遼太郎、埴谷雄高、ガルシア・マルケスを愛読していた。
    笑い声は「ガハハハ」
    ゲーマーで、インベーダーゲームをやり込んでいた。
    等級は一級(為継と同格。)

    「術式」
    【地鎮術】
    木槌で地面を叩くことで、その土地に憑く呪霊を祓う術式。
    あくまでその土地に憑いている呪霊にのみ有効なので、移動したり連鎖式、伝染式の呪霊には効果が薄い。有効範囲は、最小で10平方メートル、最大で12平方キロメートル。
    呪力を込めた杭を打ち込むことで効果を持続することができ、これを利用して公害対策や、所得倍増計画、列島改造の際に呪霊の憑いている土地やいわくつきの土地に杭を全国に打ち込み、天海僧正の結界と合わさることで、80年代まで呪霊の発生を軽減していた。
    +2
    -0
  • 38  青蓮  2022/02/18(金) 17:17:16  [通報
    返信 削除
    鴻巣家十七代当主 鴻巣為継
             (在1927〜1945年)
    「経歴」
    1886年(明治19年)9月26日に、和歌山県西牟婁郡田辺町で産まれる。
    幼少期から科学に関心を寄せ、呪術と科学の融合を夢見ていた。近所には南方熊楠が住んでおり、よく遊びに行っていた。中学校に入学してからは、呪霊と呪術をより一般的なものとし、それらを科学的により分かりやすく解明することでノーベル賞を取ることを目標にし始める。高校時代は勉強と研究に打ち込み、東京帝国大学に入学する。
    しかし、為継はここで挫折する。自身の研究が到底世間に受け入れられないと悟った為継は、医者になった。
    1916年(大正5年)4月21日に彼の運命を決定づける出合いを果たす。この日診療所に運ばれて来たのは、伝染系の呪霊の被害に遭う一家だった。為継は医学と自身の術式を織り交ぜて治療したところ一家は全快した。為継は反転術式を有していなかったにも関わらず治療が出来てしまったため、以降為継は、反転術式に頼らない治療法の確立を目指し始める。
    1919年(大正8年)に診療所を閉め、呪術師に復帰。培った科学的知見から、呪霊と呪術を研究し、貢献した。
    1927年(昭和2年)に五百子に後継者として指名され、当主に就任。しかし、就任してから僅か一ヶ月で昭和金融恐慌が発生。呪術総連との協力で乗り切るも、翌年軍部が暴走し張作霖を爆殺、さらに翌年には世界恐慌が波及。大凶作と重なったことで呪霊を抑え込むことができなくなった。
    五百子は、軍部と繋がりを持つ一方暴走しないよう監視していたが、為継は軍部との繋がりが全く無く、実力も低く封建制度を嫌っていたので鴻巣家内部でも嫌われていた。
    1931年(昭和6年)満州事変が勃発し、翌年に五・一五事件、翌々年には国際連盟から脱退した。為継は大学時代に欧米各国や中国への留学経験から、戦争に負けると確信し、終戦まで国内外問わず広い人脈を活かして和平工作を始める。
    1936年(昭和11年)に二・二六事件、翌年に日中戦争が勃発し、1939年(昭和14年)に第二次世界大戦が、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が開戦した。為継は戦争に乗り気では無かったが(国体護持のために北進論は支持していた)、否が応でも協力させられた。
    1942年(昭和17年)に戦時統合により、呪術総連、北海道呪術総連、沖縄呪術総連、台湾呪術総連、樺太呪術総連、朝鮮呪術総連、南洋呪術総連、外務省特異情報統括課、陸軍省国家高脅威対策課、内務省特務課、宮内省呪物保管課、警視庁公安部特殊犯罪対策班が統合され、為継が首班指名された。この他にも731部隊と登戸研究所の技術顧問を頼まれたが、断った。
    戦争反対の心を持ちつつ兵器の開発や海外要人の暗殺に従事していた。自身の研究も出来ぬまま次第に精神を病み、1945年(昭和20年)4月にアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトの暗殺を成功させた後に発狂し、寝たきり状態になる。
    同年8月に終戦を迎え、9月にはマッカーサーが東京に入った。
    11月、病床の為継が突如回復し、部屋に閉じ籠もり論文を執筆し始め、12月10日に天命を迎えた。回復した際の第一声は「解った!」だったらしく、論文は直ぐに破棄されたため内容は現在でも不明だが、一説には呪霊や術式のメカニズムの根幹に迫るものだったという。

    「特徴」
    そばかすがコンプレックスで、行者包に暖簾型マスクで顔を覆っていた。
    交友関係が広く、湯川秀樹、山極勝三郎、荻野久作、南方熊楠、本多光太郎、寺田寅彦、柳田國男、石原莞爾、山本五十六、菊池寛、渋沢栄一、堤康次郎、アインシュタイン、ヴァヴィロフと関係があった。
    理系全般得意。
    好物はとんかつ。
    芥川龍之介と宝塚歌劇団の大ファン。
    等級は一級。(東堂葵と同格。特級呪霊はギリギリ祓える。)

    「術式」
    【菌蠱術】
    蠱毒の一種。
    菌類や微生物、細菌にのみ有効な蠱毒。他の蠱毒に比べ威力が弱く基本使い捨てだが、相手の体内や皮膚に付着した瞬間に増殖を始め、最終的に相手を喰い尽くす。性質が悪い種類は、相手を喰らい尽くしても増殖を続け、胞子や菌をばら撒く。
    人体や呪いの治療にも有効だが、現在の呪術規定では、根拠が無いとして人体への使用は禁止されている。
    注射器で注入したり、ガスボンベから霧状に散布して使用する。自身には一切効かないめ、体や衣服に付着させていても有効。
    要人暗殺の際には、非活性状態で伝染させ、ターゲットが感染した瞬間にターゲットにのみ発動する。
    +0
    -0
  • 37  青蓮  2022/02/17(木) 20:31:33  [通報
    返信 削除
    鴻巣家十六代当主 鴻巣五百子
             (在1868〜1926年)
    「経歴」
    1807年(文化4年)10月に、和歌山の分家鴻巣家に産まれる。
    術師として活躍し始めたのは二十代後半からと非常に遅かったが、実力は確かで、一時期は最有力当主候補者と目されていた。しかし、有之が当主となったことで五百子は術師を辞めさせられてしまう。
    隠居を余儀なくされたが、鴻巣家で突如内紛が発生。当主を含めた二十人が死亡したことで鴻巣家の有力者がごっそりいなくなり、五百子は再び権力を握った。
    有之が政治的能力が全く無いことと攘夷が失敗することを見抜いていた五百子は、西洞院一族を分断・撹乱し、朝廷との関係を回復し、岩倉具視に倒幕を持ちかけた。薩長土肥を味方に付け倒幕を実行。有之が突然天命を迎え、大政奉還により混乱していた西洞院家から分家の1/3が離反し、戊辰戦争で西洞院家は朝敵になった。終戦後に西洞院本家と朝廷側に付かなかった分家は追い出され、数年後に断絶した。
    五百子は、第十六代鴻巣家当主となり、西洞院家の業務を受け継ぎ、鴻巣家は華族に列せられた。
    五百子は神仏分離令などの改革に携わる一方、不平士族達を煽り反乱を起こさせ、それを明治政府に鎮圧させることで自身と政府の権力基盤を盤石のものにした。この頃から呪術界を牛耳ろうと画策し始めたが、土御門家と御三家が政府の中枢に居た。
    土御門家は華族に列せられたものの、力が全く無かったため、安全と判断した五百子は御三家の追い出しを画策する。五百子は「此度の維新に一番協力したのは我々鴻巣家であるはずなのに、何故全く関わろうとしなかった加茂家、五条家、禪院家ばかり重用されるのでしょう。もしや、我々の働きをお忘れになったのでしょうか。」と、涙ながらに明治天皇に訴えた。
    五百子の訴えは聞き入れられ、1872年(明治5年)に神祇省が廃止され、御三家は追い出された。やがて、外務省、内務省、陸軍省、宮内省、警視庁、開拓使に鴻巣家の息が掛かった呪霊対策機関が設置され、五百子は顧問となった。
    鴻巣家の影響が強まるのを危惧した大久保利通と西郷隆盛は、御三家を支援するも、これを察知した五百子は征韓論で互いの仲を引き裂き、1877年(明治10年)に西郷隆盛は西南戦争で病死、大久保利通は1878年(明治11年)に暗殺された。
    政敵を排除したが、またしても壁が立ちはだかる。ペリー来航以降列強諸国(米英仏独露墺西蘭)が、明治になってからはイタリアやスウェーデン、植民地経由で渡って来たアジアやアフリカの呪術師や呪詛師が、治外法権の下に跋扈していた。不平等条約の改正のためには国会の開設と憲法の制定が必要だったが、明治政府はどちらもする気が無かった。
    業を煮やした五百子は、下野した板垣退助を支援し各地で自由民権運動を煽った。1889(明治22年)に憲法が、翌年に国会が開設され、1894年(明治27年)に治外法権を撤廃し、列強諸国以外の呪術師を閉め出した。(五百子が天命を迎えるまでに米英仏伊以外の呪術師は閉め出された。)
    日清、日露では軍部を最大限支援し、国内に潜伏していたスパイや呪詛師を呪殺し、軍部から絶大な信用を得た。
    しかし、国内では足尾鉱毒事件や呪詛師が活発化し、鴻巣家だけでは対応できなくなっていた。そうした状況の中、1895年(明治28年)に西洞院家の生き残りと御三家により呪術総連が設立、翌年に呪術高専が創立された。五百子の野望は打ち砕かれ、以降現在まで対立が続くことになる。
    大正に改元してからは、第一次世界大戦の参戦を後押しする一方、護憲運動を支援して軍部の力を削ぐことに成功し、1921年(大正10年)の裕仁親王の欧州訪問に随行した。スペイン風邪や関東大震災の際には対立を乗り越え、呪術総連と協力して対応にあたった。
    しかし、ソビエト連邦の成立により社会主義者が活発化、大戦不況や震災不況、治安維持法などで、五百子一人で政府を操れなくなっていき、軍部が台頭し始めた。
    1927年(昭和元年)12月30日、幕末の動乱から明治・大正を駆け抜け、鴻巣家の地位を押し上げ、半世紀以上当主を務めた五百子は、昭和の始まりと共に天命を迎えた。

    「特徴」
    2022年現在歴代齢当主。
    黒柳徹子のような髪型をしていた。
    普段はボケたふりをして官僚の目を誤魔化していた。
    大の写真嫌いのため、当主就任の際に肖像画を描かせた最後の当主。
    西洞院家は白装束だったが、それを否定するため黒装束だった。
    西洋に憧れていため、欧州訪問に随行した際に一番テンションが上がっていた。
    好物はアイスクリン。
    等級は特級。(泰朝と同格だが、強力な呪霊とあまり戦わなかったので実力は低め。2022年現在、鴻巣家最後の特級術師。)

    「術式」
    【断切術】
    縁切り呪法の一種。
    自身と相手の間を手刀で切ることで縁を切る。縁を切ると相手を自身から遠ざけたり、一時的に相手から見えなくなる。
    自身よりも実力が上の相手や、他者間にも有効。そのため、五百子は政敵の排除にも使っていた。
    +1
    -0
  • 36  青蓮  2022/02/15(火) 16:39:16  [通報
    返信 削除
    九代当主 西洞院有之
         (在1854年〜1867年)
    「経歴」
    1835年(天保6年)に、青森の分家園崎家に産まれる。
    園崎家は、平安時代後期に平家によって奥州へと追い出された西洞院季長の孫の家族の家系。室町時代から御前試合で当主を決める方式が採られてからは、当主の座を狙い、一家の再興を狙うも悉く失敗してきた。有之が産まれた頃は、泰朝が二百年近く在位しており、次の御前試合が何時になるか分からない状況で、焦りの為か無茶な修行を課していた。
    有之は三歳の頃から修行をさせられており、八歳になる頃には十人居た兄弟の内生き残ったのは有之一人だけだった。身体改造も平然と行われ十歳になる頃には身長が170cm以上あったとされる。幼い頃から修行と一家の再興のみを叩き込まれ孤独であったが、有之の心の拠り所であった母、八重の影響により次第に心を開いていき、人と接することが多くなり、性格も明るくなっていった。この変化により実力は右肩上がりとなり、十二歳の頃には特級呪霊を一人で祓い注目を集めた。
    1853年(嘉永6年)の御前試合で、見事勝利し、史上最年少の十七歳で西洞院家九代当主となる。
    しかし、有之は政治的な能力がまったく無く、殆どは側近や分家に任せていた。加えて、西洞院家全体も腐敗が進み、七月にはペリーが来航した。
    ペリー来航以降、次々と外国船が入って来るようになり、疫病が流行。特級呪霊「虎列刺」が全国で大量に発生した。この対応を巡って西洞院家は御三家と対立し、朝廷との関係は最悪の状態になった。
    コレラの流行や安政の大獄、桜田門外の変などで幕府の衰退が顕著になり、貿易による不況と大幅な物価上昇で社会不安が増大した。
    1863年(文久3年)に、母にして心の支えであった八重がコレラで亡くなった。これ以降有之は外国人を心の底から憎むようになり、尊皇攘夷を掲げた。
    一方、西洞院家内部は分裂状態にあり、本家を中心に室町時代以前からある分家は幕府を支持していたが、和歌山の鴻巣家など室町時代以降の分家は朝廷を支持しており、中には朝廷と幕府を倒して呪術国家の建設を画策する者や、外国勢力を招き入れようてする者も現れた。
    鴻巣家は、攘夷が失敗すると予想し、朝廷と御三家との関係を回復し、岩倉具視を通して倒幕を提案した。そして、薩摩、長州、土佐、肥前を味方に付け、倒幕を開始。予想通り攘夷は大失敗し、幕長戦争を期に分家の1/3が離反した。
    もはや有之の手ではどうすることもできず、押し寄せる時代の波の前には無力だった。
    1867年(慶應3年)、大政奉還の日に「母の許へ行く」と書き残し、青森の母の墓前の前で天命を迎えた。掌には普段から肌身離さず持っていた母が作った御守袋が握られていたという。
    これにより、八坂家から千百年にも渡る支配は終焉を迎え、現在まで続く鴻巣家の支配が始まることになる。

    「特徴」
    身長は175cm。
    顔を除いた全身に刺青をしている。
    童顔で性格も子供っぽかった。
    風呂嫌い。
    等級は特級。(清隆や季長、是近と同格。)

    「天文戴天術」
    季長の天令操術の発展形。
    全身に強力な呪力を込めた針と墨で地上から見える範囲の全ての星を刺青として彫り入れることで、宇宙の力を直に人間に降ろす術式。
    一撃で並の呪霊は消し飛び地面に巨大なクレーターを作り出す程強力な反面、暴走しやすく並み以上の術師であっても、気を緩めた瞬間、全身が弾け飛ぶ。
    +4
    -0

コメントを投稿する

記事・画像を引用